雅硝子作家

玉 田 恭 子

Kyoko Tamada

 


雅とは

 

我が国は古代より、自然や物事を描写する言葉を沢山持っていました。

これは日本最古の歌集である『万葉集』に所載されている様々な歌で、証明されています。

この美しい自然や空気感や色彩感覚を表す言葉を、平安時代の宮中文化が取り込んで作り上げた世界感が、『雅文化』です。

この、『雅文化』を発展させるために重要だったのは、『仮名文字』の発明に他なりません。

話し言葉を、其の儘表現できる『仮名文字』は、文字自体に美しさが求められ、1000年前にはその美しさが完成しました。

梅 桜 藤 山吹 躊蠋 杜若 菖蒲 楓 蛍 蓮 笹…。

数百と言う花木や虫達。

この言葉を表す色合いが在り、衣装や道具 手紙や行事に、この色香を取り入れて来ました。

そして、千有余年『雅文化』は日本の宮中で脈々と受け継がれ、日本文化の基となって現在に至っています。

日本が誇る至高の文化事象が、この『雅文化』です。


2016

『国際ガラス展・金沢 2016』金沢

『E-to-ten 十人十色』展

京都文化博物館

代官山ヒルサイドテラス ‘15 ‘12

2015

『日本のガラス展』

‘12 ‘08  東京他巡回

『香道と日本の雅』展 ニューヨー

(後援:在ニューヨーク日本国総領事館)

2013

Picture scroll-JAPAN

『かさねる』展ニューヨーク

(後援:在ニューヨーク日本国総領事館)

2008

『絵巻物=義山で

『源氏物語をあそぶ〜葵〜』 ロンドン

(主催:在英国日本大使館

    大使館内ギャラリー)

1991〜

日本橋三越、東急本店

池袋東武等個展、企画展多数

1985

ガラス制作を始める

1982

武蔵野美術大学

工芸工業デザイン科卒業

                

現在 横浜市で

Glass Flow 玉田ガラス工房主宰

日本ガラス工芸協会正会員