玉田 恭子展

8月30日(水)→ 9月5日(火)

日本橋高島屋6階 美術工芸サロン

最終日は午後4時閉場

武蔵野美術大学工芸工業デザイン科を卒業後、テキスタイルデザインに従事したが、1985年にガラス制作を開始、アメリカでガラスアートを学んだ後、岐阜県内に工房を設立。後に、横浜に工房を移築し、ロンドンやニューヨーク、日本国内にて個展、グループ展など発表を重ねている。現在、日本ガラス工芸協会正会員。古今和歌集や源氏物語などの古典文学から着想を得て、雅やかな王朝・宮廷文化をガラスアートの形に写し、現代に表現する作風で評価を高めています。宙吹きとキルンワークをベースに、複数色のガラスや金箔を重ねて溶着させて、まるで墨流しの料紙のような景色を表している。特徴的なのは、絵巻物や書物の形を模りながら、そこに物語や和歌をラスターの筆文字にして閉じ込めたオブジェ群。和歌や物語のストーリーそのものと、金を散らした料紙的な景色があいまみえ、雅やかな大和的な世界を表現しています。

 

日本橋高島屋HP

 

○お問い合わせ

6階美術画廊  直通TEL(03)3246-4310

クロワッサン掲載のお知らせ

2017年7月25日発売のクロワッサン『着物の時間』に、塩沢の老舗「やまだ織」様で誂えた夏塩沢で掲載されました。




2017.1

玉田恭子のかさね硝子は、実用新案に認定されました。